民法改正 ――契約のルールが百年ぶりに変わる

内田貴

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    明治期に制定された「民法」。われわれの経済活動の最も基本的なルールを定めたこの法律が抜本改正されようとしている。なぜ、ルールの変更が求められているのか。具体的に何がどう改正され、生活にどんな影響がもたらされようとしているのか。市場の世界化を見据えた契約法モデル策定の動向を、第一人者が平明に説く。

    続きを読む

    レビュー

    • 2012/09/20Posted by ブクログ

      現在、法務省において1896年に制定された日本の民法を100年ぶりに改正しようという動きがあります。
      著者は東京大学法学部教授から法務省参与に転職してこの活動に参加している人物で、本書は民法改正の必要...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2013/02/25Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • ネタバレ
      2011/12/25Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A000396850","price":"715"}]

    セーフモード