二〇世紀の自画像

加藤周一

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    二〇世紀は日本にとって、実にめまぐるしい百年間でもあった。空前の豊かさと膨大な人的犠牲という強烈なコントラストに彩られたこの世紀は、その時代を体験した人間にどのように映ったのだろうか。優れた文明批評家として知られる著者が、この百年を再考し、新たな混沌が予感される現代を診断する。

    続きを読む

    レビュー

    • 2006/11/14Posted by ブクログ

      どうも、こういう本は苦手なようだ。
      テーマは戦後思想史ってか文学史って感じなんだけど。
      言ってることがわかるようなわからないようなもやもやした感じ。
      もう一回読んだらまた何か感じるかもしれないけど

    • 2010/08/30Posted by ブクログ

      [ 内容 ]
      二〇世紀は日本にとって、アジアで最初の近代国家となりながら、そのアジア全域を巻き込んだ戦争を引き起こし、二度の原爆投下と未曾有の敗戦を体験すると同時に、近年では奇跡的な高度経済成長に続い...

      続きを読む
    • 2015/02/10Posted by ブクログ

      2部構成となっており、第1部は歴史学者の成田龍一が、加藤周一へのインタビューをおこなっています。第2部は、戦後思想家としての加藤の歩みを解説した成田の論考を収めています。

      加藤の著者名で刊行される本...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000396809","price":"770"}]

    セーフモード