天下無双の建築学入門

藤森照信

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人はいつから「家」に住むようになったのだろうか。自然の中で暮らしていた人間が家を建てるようになったのはいつからなのだろう?山や川、木や石などに神が宿っていると信じていた頃からの心の習慣が、日本建築の中には生き続けている。建築史家であり、建築家でもある著者が建物の基本構造から説く建築学入門。

    続きを読む

    レビュー

    • ネタバレ
      2011/11/07Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2005/10/25Posted by ブクログ

      建築学入門とは言うものの他の建築学の入門書とはかなり肌合いが異なっている。はっきり言って『建築学』の入門ではない。しかし、建築という人間の営みを、例えば『柱を立てる』というような根本的な点から考察して...

      続きを読む
    • 2013/04/13Posted by ブクログ

      筆者もあとがきで述べているが、見事なまでの「My建築史学入門」であり、すなわち藤森照信の建築に関する考察が凝縮されている本となっている。言うことが極端だったり、一部の事例からの推測が多いように見えたり...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000396793","price":"770"}]

    セーフモード