【最新刊】鉄を削る 町工場の技術

鉄を削る 町工場の技術

小関智弘

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本の最先端技術を基礎からささえる町工場。その町工場で旋盤工として50年間、働きつづけてきた著者が、知恵に裏づけされた職人技と、粋な職人魂をいきいきと描き出す。世界にも通じる日本の町工場の技術とそこに暮らす人びとの姿から不況を生き抜く術が見つかるか。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/12/19
    連載誌/レーベル
    ちくま文庫

    レビュー

    • 2014/04/02Posted by ブクログ

       著者は知っていたが読んだのは初めて。非常に面白かった。初版は約30年も前だが、当時の様子がよくわかり、また著者自身旋盤のプロで、体験に基づく記述に説得力があり、勉強にもなった。
       自分の職場にも氏の...

      続きを読む
    • 2010/09/27Posted by ブクログ

      町工場の仕事、旋盤工の仕事をこんなふうに書けたら楽しいだろうなあ。

      町工場から見た風景を語る本は最近多くなっている。岡野工業の岡野さんのおかげなのかな。
      でも、この小関さんの本はさらに味がある。
      ...

      続きを読む
    • 2009/03/18Posted by ブクログ

      【そんなことはみんなこの腕が知っているよ】

      機械は良くわからないが、とても勉強になった。
      ぐっとくる。

    開く

    セーフモード