デカルト入門

小林道夫

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「私は考える、ゆえに私はある」―近代精神の確立を宣言し、現代の知の枠組みとなる哲学の根本原理と方法を構築した近代哲学の父デカルト。コギトの確立に体系の集約点をみるドイツ観念論の桎梏を解き放ち、デカルトの真実の姿を見いだそうとする本格的な入門書である。デカルトの思想を現代的視座からも読みなおす意欲作!

    続きを読む

    レビュー

    • 2013/11/22Posted by ブクログ

       「我思う故に我あり」を一番に思い出す。数学と自然哲学を総合し現代科学の礎を築いたデカルト。このコトバは物事を観るときに一度純粋なコギト(自我)に立ち返ることの重要性を表しているのではないだろうか。ま...

      続きを読む
    • 2020/09/11Posted by ブクログ

      デカルトの思想だけにとどまらず、実績全般をざっくりと解説。「我あり」から先についても、どのように考えたのかという道筋をわかりやすく解説してある。

      おもしろかったのはデカルトの考える自由について書簡な...

      続きを読む
    • 2011/03/14Posted by ブクログ

      一般にデカルトは「我思う、ゆえに我あり」という言葉とともに、近代的自我の確立者として知られているが、本書は、自然科学をはじめとする近代的学問の方法とその体系の基礎を構築した思想家としてのデカルトを紹介...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000396788","price":"715"}]

    セーフモード