【最新刊】中世の食卓から

中世の食卓から

1冊

石井美樹子

1,155円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    食べるという行為は、精神のありように深くかかわっている。文学に描かれた料理の話や、食材にかかわる伝承をたぐることで、思わぬ文化の層が見えてくる。さまざまな資料を渉猟し、食卓という、欲望と体面の交錯する場所から、中世ヨーロッパの生活空間に広がる豊かな宇宙を描きだした好エッセイ。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/12/19
    連載誌/レーベル
    ちくま文庫

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/03/05Posted by ブクログ

      中世ヨーロッパの“食”をテーマにしたエッセイ。
      魚に対する恨みつらみ、何故スパイスを多用したか、
      スプーンと爪楊枝の使用について・・・等々、
      キリスト教やフォークロアの影響、
      「パンタグリュエル」や「...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2017/01/23Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード