大菩薩峠(14)

大菩薩峠(14)

中里介山

935円(税込) クーポン利用で467円獲得へ
1%獲得

9円相当(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayポイント付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 467(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

2022/10/31 23:59 まで有効

獲得

お松は七兵衛の手助けで洲崎へと到る。登との対面をはたし、お君を偲ぶ駒井。それも束の間、暴徒の襲撃を恐れ、お松、マドロス、茂太郎とともに新造船で海上へ。それより先、高山相応寺へ移った竜之助は血の渇きに眠れぬ日々を送る。ある夜、好色な代官にお雪がさらわれる。まもなく代官屋敷の暗闇に白刃が一閃、代官の首が飛ぶ。その直後、街道を急ぐ二つの駕籠の姿が。はからずも竜之助は代官の妾との道行き、美濃の金山へ……。「弁信の巻」「不破の関の巻(一~三十九)」を収録。

続きを読む