最後の江戸留守居役

白石良夫

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    江戸留守居役とは、藩の江戸屋敷にあって、幕府や大名諸家との渉外や各種情報の収集などの任にあたる外交官である。明治の文人・依田学海は、幕末、佐倉藩最後の江戸留守居役をつとめ、その激動の日々を、膨大な日記『学海日録』中に詳細に記している。徳川幕府終焉を前に、情報の最前線で奔走する一人の江戸留守居役・学海の生々しい体験を通してたどる、もうひとつの維新史。

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    3
    5
    1
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2017/01/12Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2010/10/24Posted by ブクログ

      卒論参考資料。
      幕末の彼の行動など、なんか都合いいなぁ~とか思ってしまう。
      そんなに面白くなかったです。

    • 2010/09/01Posted by ブクログ

      [ 内容 ]
      江戸留守居役とは、藩の江戸屋敷にあって、幕府や大名諸家との渉外や各種情報の収集などの任にあたる、大名家における外交官である。
      明治の文人・依田学海は、幕末、佐倉藩最後の江戸留守居役をつと...

      続きを読む
    開く

    セーフモード