現代語訳 論語と算盤

渋沢栄一/守屋淳(訳)

756円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。「利潤と道徳を調和させる」という、経済人がなすべき道を示した『論語と算盤』は、すべての日本人が帰るべき原点である。明治期に資本主義の本質を見抜き、経営、労働、人材育成の核心をつく経営哲学は色あせず、未来を生きる知恵に満ちている。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード