ケルトの薄明

W.B.イエイツ/井村君江(訳)

648円(税込)
ポイント 6pt

「人間が見たり聞いたりしたものは生命の糸である」(イエイツ)自然界に満ち満ちた目に見えない生き物、この世ならぬものたちと丁寧につきあってきたアイルランドの人たち。詩人であり、劇作家・思想家であるイエイツは、自ら見たり聞いたりしてケルト民族に伝わる妖精や超自然的な生き物たちのフォークロアを採集した。そこには、無限なものへの憧れ、ケルトの哀しみにあふれ、不思議な輝きを放ち続ける。カットにケルト美術を用い、イギリス・アイルランドフォークロア研究者による的確な翻訳で、ケルト民族の情感を生き生きと伝える。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

セーフモード