【最新刊】行儀よくしろ。

行儀よくしろ。

1冊

清水義範

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「教育論」となると、学校教育を論じることになりがちだ。しかし、世の大人にとってもっと身近な、自分がすべき教育のことを忘れてはいけない。お葬式でどういう態度をとるか、困っている人をどう助けるか…などは文化の中にあることで、その文化を継承させていく責任が大人にはある。美しい日本人を育てるための教育論。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/12/19
    連載誌/レーベル
    ちくま新書
    出版社
    筑摩書房
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    3.6
    18
    5
    3
    4
    6
    3
    9
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/10/02Posted by ブクログ

      本書で著者は、「ゆとり教育」をめぐる学力低下論争は、教育問題をあまりにも近視眼的にとらえているのではないかと批判しています。そのうえで、もっと視野をひろげて、生活文化のなかで子どもたちにどのような影響...

      続きを読む
    • 2017/11/09Posted by ブクログ

      よく言えば読みやすい。悪く言えば中身が薄い。

      ・学校に教育を丸投げするのはおかしい。特に学問以外のことに関しては、学校だけに頼らず家庭、そして社会の中で子供は学んでいくものである。
      ・子供は社会の鏡...

      続きを読む
    • 2016/08/10Posted by ブクログ

      美しく生きること、
      それが一番だよなって。
      それはお仕着せの文化じゃなく、
      自らの育つ文化によって。

    開く

    セーフモード