カント入門

石川文康

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    真理の最高決定機関であるはずの理性が人間を欺く二枚舌をもつとしたら、一大事ではないだろうか。この理性の欺瞞性というショッキングな事実の発見こそが、カント哲学の出発点であった。彼の生涯を貫いた「内面のドラマ」に光をあて、哲学史上不朽の遺産である『純粋理性批判』を中心に、その哲学の核心を明快に読み解く。

    続きを読む

    レビュー

    • ネタバレ
      2018/12/14Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2012/10/06Posted by ブクログ

      「厳格」といわれるカント哲学を,カントの思索に沿って(少なくともそれを意図して)書いた本.膨大なカント哲学の体系の一部ではあるが核心を記述しようとしているところが,入門者としてはありがたい.

      理性が...

      続きを読む
    • 2016/02/17Posted by ブクログ

      カントを通して、目的と手段のエセ関係と根本目的を学ぶ。本文に回心とあるような、哲学する醍醐味を存分に味わった。たしかに生きることに厳格な哲学だ。真の批判だ。

      ・哲学においては定義は出発点ではなく、む...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000396654","price":"770"}]

    セーフモード