【最新刊】カラヴァッジョへの旅 天才画家の光と闇

カラヴァッジョへの旅 天才画家の光と闇

著者:宮下規久朗

1,496円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    レンブラント、ベラスケス、フェルメールら一七世紀のほとんどすべての芸術家に大きな影響を与えた巨匠、カラヴァッジョ。殺人を犯し、逃亡の末に果てた破滅の生涯と、革新的なバロック美術の傑作を読み解く。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/12/26
    連載誌/レーベル
    角川選書
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.8
    6
    5
    1
    4
    3
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/11/13Posted by ブクログ

      絵画作品と作者の間には、どこまで関係があるのか。カラヴァッジョの場合、やはり作品と人となりや、その時の状況が大きいように思われた。読んでから、ちょうどカラヴァッジョ展で実際に観ることができたので一層面...

      続きを読む
    • 2009/09/18Posted by ブクログ

      カラヴァッジョの名と絵を知る人で、「あぁ、あの殺人を犯した、放浪の、呪われた天才画家……」といったことを知らない人は少ない、と思われます。むしろそちらのイメージが強烈で、自身の絵画を本気で観賞した人は...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2013/08/27Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード