動乱の日本史 徳川システム崩壊の真実

著者:井沢元彦

668円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ペリー来航から明治維新を経て進んでいく幕末の動乱には、現代にも通底する特異な思想と、日本を繰り返し滅亡の危機に追い込んできた要因が凝縮されている。なぜ「ペリーは突然やってきた」が歴史常識になったのか? なぜ攘夷派は目の前の現実を無視し続けたのか? なぜ明治革命でなく明治維新なのか? 正論を封殺する言霊信仰や平和念仏主義、朱子学の猛烈な副作用――。そして幕府の危機管理システムはなぜ崩壊したのか?  歴史を戦乱で読み直す、待望のシリーズ第2弾!

    続きを読む
    • 動乱の日本史 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      動乱の日本史 全 3 巻

      2,098円(税込)
      20pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(2件)
    • 2020/08/02Posted by ブクログ

      そもそも、自分自身、江戸時代についてろくな知識を持っていなかったにせよ、この本の視点には目を見張るものがあった。理解した要点以下の通り。
      ◯幕末を理解するには、徳川家康まで遡って、彼の政策と後世への影...

      続きを読む
    • 2020/08/06Posted by ブクログ

      日本特有の穢れ思想と軍隊の不在、その結果の武士の勃興による二重権力の成立について。この二つの日本人の系譜を現在に続くものとする(弥生人と縄文人以来の、前者=農耕民族的穢れ思想、後者=狩猟民族的な穢れを...

      続きを読む

    セーフモード