【最新刊】夜間飛行

夜間飛行

著:アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ 訳:山崎庸一郎

1,320円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「わたしは作者にたいして、わたしにとってかなりの心理学的重要性を有するつぎの逆説的真理を明らかにしてくれたことをとくに感謝している。それは、人間の幸福は自由のなかにではなく、義務の受諾のなかにあるということだ。この書物の登場人物のひとりひとりは、おのれがなすべきこと、その危険な任務に、情熱的かつ全面的に身を捧げ、それを遂行したあとにはじめて、幸福の安らぎを見出す……」(アンドレ・ジッド序文より)冷厳な態度で郵便飛行事業の完成をめざす支配人リヴィエールと、パタゴニアのサイクロンと格闘する飛行士ファビアン、それぞれの一夜を追いながら、緊迫した雰囲気のなかで夜間の郵便飛行開拓時代の叙事詩的神話を描いた本書は『星の王子さま』とならんで、サン=テグジュペリの名を世界中に知らしめた代表作である。南米ブエノス・アイレスの地に、主人公と同様、郵便飛行の支配人として赴任していた時期に執筆され、1931年度のフェミナ賞に輝いた。特別付録ディディエ・ドーラ「『夜間飛行』に着想を与えた人物から見た」

    続きを読む
    提供開始日
    2014/12/19
    出版社
    みすず書房
    ジャンル
    文芸
    • 夜間飛行 全 1 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      夜間飛行 全 1 巻

      1,320円(税込)
      13pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(8件)
    • 夜間飛行2009/03/30Posted by ブクログ

      空を飛ぶということ、本当になんて不可解なことだろうと思います。しかも、夜に。何も見えない中、自分の力の及ばない物に立ち向かわなくてはならない状況、そしてそれを強いるものと受け入れていくものと、結果。心...

      続きを読む
    • 夜間飛行2006/11/10Posted by ブクログ

      こんなに胸に焼き付いて離れないラストもないです。リヴィエールが好きすぎる。
      すごくすごく大切な一冊。

    • 夜間飛行2015/08/27Posted by ブクログ

      思ってたものと違っていました。
      「星の王子さま」しか読んだことなかったのでそれとは正反対な感じがして意外でした。
      しかし「星の王子さま」を子どもの時と大人の時に読んで感想や刺さる言葉が違ったように「夜...

      続きを読む
    開く

    セーフモード