【最新刊】三ギニー――戦争と女性

三ギニー――戦争と女性

著:ヴァージニア・ウルフ 訳:出淵敬子

2,420円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    戦争を未然に防ぐために、女性には何ができるか?貴重な三ギニー貨幣をどこに寄付すればよいのか?ヴィクトリア朝の家父長制の偽善とファシズムのイデオロギーを比較・批判し、反戦の基本的な構想を展開する。女性と文学を扱った『自分だけの部屋』と並ぶ、ウルフの代表的長編エッセイ。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/12/19
    出版社
    みすず書房
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    • 2018/03/21Posted by ブクログ

      【三つの役割、一つの目的】戦争を防ぐためという目的で、とある「教養ある男性」から「私」に対して手助けが要請された。手持ちの三ギニー(注:かつてイギリスで使われていた貨幣単位の一つ)をどのように平和のた...

      続きを読む
    • 2020/01/05Posted by ブクログ

      1938年出版のウルフの長編エッセイ。

      ヒットラーやムッソリーニなど全体主義の台頭、そして戦争の足音が近くなかでの戦争と女性の関係について論じている。

      が、視点は、国際政治というより、イギリス国内...

      続きを読む

    セーフモード