ローレライ愛の調べ

ルーシー・ゴードン 翻訳:加川千津子

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ローレルはひとり、美しく悲劇的なローレライ伝説の地を訪れた。ライン河畔の城には、祖母の元恋人である老男爵が住んでいる。若き日のふたりは深く愛しあい、結婚を約束しながらも、身分の差に引き裂かれて、ついに結ばれることはなかったという。男爵に祖母の形見を贈り、最期まで愛していたと伝えたい。庭にいた少年に声をかけ、導かれるまま城の中へ入っていくと、ローレルそっくりの女性が描かれた肖像画が目に飛び込んできた。これは昔の祖母……そのとき怒声が響いた。「なにをしている?」振り向くと、古い写真で見た男爵に瓜二つの男性が立っていた。

    続きを読む

    レビュー

    • 2015/01/09Posted by ブクログ

      死の床にある男爵に、祖母の想いを届けることはできるのか?

      1991年にリタ賞を受賞した作品。
      しっとりとした落ち着いた雰囲気のロマで、丁寧なお嬢言葉からか、作風は古風な雰囲気。
      頑な男性がやがて彼女...

      続きを読む
    • 2010/02/20Posted by ブクログ

      これは良作!湖、古城、伝説…まさしくロマンスの舞台にふさわしいではありませんか!ヒロインの祖母、ヒーローの祖父にも注目。読んで損はないです。かなりおすすめです。ハーレクインを読んでみたいという初心者に...

      続きを読む
    • 2016/12/13Posted by ブクログ

      ヒロインの祖母とヒーローの祖父が報われない愛で引き裂かれた過去と、現在のh/hがリンクする 
      最後h/hはヨハンナを許すけど(なんて心優しいんだ)私がヒロインだったら一緒に住むなんて絶対ムリ 子供がで...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000395495","price":"550"}]

    セーフモード