【最新刊】それでも人は生かされている 悲しみを乗り越えて勇気が生まれるとき

それでも人は生かされている

1冊

著:高木慶子

950円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「悲嘆力」それは、悲しみから立ち上がる心の回復力。日本のグリーフケア研究の第一人者・シスター高木が日本中に広めたいと考えている力である。「思い通りにはならないのが人生と知りましょう」「天災は許せても、人災は許せないのが人間」「許されるのは当たり前のことではありません」と厳しい言葉を語りながら、人には生きる力が備わっていると説いている。全国を駆け巡り、人々の悲しみに寄り添うとき、悲しみが大きいほど、それを乗り越えた時は大きな勇気が生まれることを実感し、「苦しんでいる力こそ、あなたの力なのよ」と呼びかける。そして、その人自身が持つ大きな生命力の喚起を祈る。悲嘆力を養った人は「思いやりの力」を身にまとい新しい自分の可能性を見つけ出していくということは著者の実体験からくる確信だ。グリーフケアを通して「人は生かされている」意味が、実例と言葉からよりよく理解できる1冊。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/12/19
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/11/12Posted by ブクログ

      長年多くの人々の心のケアに寄り添い続けて来られたシスターの高木さん。
      実際に悲壮な体験をされた人々に寄り添ってこられた事例を元に、人間の弱さを認めながらも、お互いに支え合いながら乗り越えられることを教...

      続きを読む

    セーフモード