【最新刊】Google vs トヨタ 「自動運転車」は始まりにすぎない

Google vs トヨタ 「自動運転車」は始まりにすぎない

1冊

著者:泉田良輔

990円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    自動運転車をきっかけに、Googleとトヨタが激突する衝撃の未来。電機・IT業界と自動車業界の両者を知る気鋭のアナリストが、豊富な取材とデータに基づき、2020年を挟んだ近未来の産業地図を精緻に予測!(以下、目次より)序章自動運転車は、まだ「入口」でしかない・なぜグーグルが自動運転車をつくるのか・トヨタのものづくりに日本人が抱く「幻想」ほか第1章グーグルはネット企業にあらず。その最終ゴールは?・クリステンセンも読み違えたiPhoneの破壊力・グーグルの憂鬱──広告事業とは別の成長事業は何かほか第2章グーグルを止められる日本企業の条件・なぜ日本の電機メーカーは敗れたのか・トヨタにあるもの、トヨタにないものほか第3章競争領域はいつもハードからシステムへ─「都市」が戦場になる・都市デザインビジネスが持つポテンシャル・米国のエネルギー消費事情ほか第4章本当は残酷なイノベーション・“モノマネ”のコスト・実は20年もかかった米国発イノベーション連鎖ほか終章2020年、2つのターニングポイント・東京オリンピックは都市デザインのショーケースになる・日本企業が生き残る3つの道ほか

    続きを読む
    提供開始日
    2014/12/19
    連載誌/レーベル
    角川EPUB選書
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    3.3
    9
    5
    0
    4
    4
    3
    4
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/04/04Posted by ブクログ

      自動運転車という技術を用いて既存のプレイヤーであるトヨタに挑戦しようとするGoogle。数年前には考えられなかった構図であるが、これが夢物語ではなく現実に起きている話であるという。巨大な自動車業界を打...

      続きを読む
    • 2017/01/17Posted by ブクログ

      自動運転の展望を知るために読んだがかなりハズレ。
      自動運転をダシに日本と米国企業のゲームチェンジ時の対応力を過去事例と共に筆者が警鐘をならすといった内容。まあ参考になる部分はある。

    • 2016/04/10Posted by ブクログ

      次世代の自動車技術として自動運転は間違いなく上位にくる。ハードをやっているトヨタとソフトウェアをやっているGoogleとの覇権争いになる。ハードとソフトの融合をいかに上手にやるかで勝者が決まってくる。...

      続きを読む
    開く

    セーフモード