【最新刊】ここまでわかった! 敗者で読み解く古代史の謎

ここまでわかった! 敗者で読み解く古代史の謎

1冊

編:『歴史読本』編集部

825円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    『歴史読本』2014年4月号特集の文庫版を電子化。崇峻天皇、大津皇子、山背大兄王……彼らはなぜ敗者とされたのか?固定した古代史の通説に挑戦する1冊です。先入観やイメージが覆される快感をお楽しみください!(以下、目次抜粋)第一部敗者で読み解く古代史の謎崇峻天皇──「臣下による王殺し」に隠れた実績……古市晃山背大兄王──上宮王家滅亡の黒幕はだれか……若井敏明大津皇子──持統を脅かした一流の血統と能力……義江明子役小角──諸刃の剣となった2つの強大な力……志村有弘長屋王──藤原氏との対立に敗れた「親王」……舘野和己藤原広嗣──平城宮を震撼させた九州の反乱……佐藤長門橘奈良麻呂──塗り潰された!?挙兵の真相……遠山美都男藤原仲麻呂──逆賊の烙印を押された権力者……木本好信道鏡──成しえなかった仏教第一主義の思想……瀧浪貞子不破内親王──内親王による生涯3度目の謀反……遠藤みどり早良親王──種継暗殺を決断した皇太子の不安……関根淳第一部関連日本古代史年表第二部古代史「敗者」たちの真相東アジアからみた「弱者」「敗者」……鈴木靖民筑紫君磐井の墓と、その語り……上野誠『万葉集』に見える敗者の歌……鈴木織恵第三部古代日本「三大」争乱の真相乙巳の変──蘇我氏を滅ぼした本当の首謀者はだれか?……篠川賢白村江の戦い──敗北したのは中大兄皇子か?……松尾光壬申の乱──大友皇子はなぜ惨殺されたのか?……中村修也古代天皇関連系図執筆者略歴

    続きを読む
    提供開始日
    2014/12/19
    連載誌/レーベル
    新人物文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード