【最新刊】殺意と調和のダストシャングリラ2

殺意と調和のダストシャングリラ

著者:冬木冬樹 イラスト:しぐま

682円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    魔女vs騎士vs能力者vs半獣vs現代の高校生。高校生の颯真(そうま)が迷い込んだ島は、半獣が人を襲い、能力者がそれを倒し、魔女と騎士が反目し合う世界だった。”意思疎通”という特殊な力に目覚めた颯真は、負傷し意識を失ったままの魔女・リゼットを救うために奔走する。争いの果てに消えてしまう島の住人……果たしてその条件とは!? 颯真は、次第にこの島の真実に近づいてゆく! 廃棄された少年少女たちのバトルロイヤル、第二幕開始。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/03/02
    連載誌/レーベル
    角川スニーカー文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ライトノベル
    • 殺意と調和のダストシャングリラ 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      殺意と調和のダストシャングリラ 全 2 巻

      1,342円(税込)
      13pt獲得

    レビュー

    レビューコメント
    • 2巻

      はー・・・著者紹介でさらりと最終巻って書いてあってテンション下がる。言葉の通じない四勢力で唯一それぞれと意思疎通できる主人公がどうまとめてくのか楽しみにしてたのにさ。スニーカー文庫にはがっかりだよ。

    • 2巻

      【星4.5★★★★☆】1巻が仮名七海編なら、2巻は相坂アイト編といったところ。 相坂アイトが漢らしくて好かった。 他のキャラクターもよく頑張っていた。 デボラ:1巻では「物騒な子」だと思ったけど、根は...

      続きを読む
    • 2巻

      この巻も呆気ない、面白いなさすぎ。

    • 2巻

      前回の続き。リゼットの治療をアイトに頼んだ颯真だが、アイト陣営でクーデターが勃発し……という話。未来人陣営と獣人陣営の複雑な関係は、理屈で納得はしづらいだろうね……しかし友情が不器用すぎ&重すぎやろ!...

      続きを読む

    セーフモード