【最新刊】12皿の特別料理

12皿の特別料理

1冊

著者:清水義範

572円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    インドに出張中、交通事故に遭い、現地で入院してしまった夫が食べたがる「おにぎり」。おコメに梅干にノリ。海外ではなかなかそろわない食材を探し歩いて妻が作ったおにぎりは……。忘れられない思い出が詰まった料理が誰にも一つはあるはず。別れた夫と新婚のころ食べた鱈のプロバンス風、左遷された会社員がストレス発散に作ったそば、夫の浮気に気づいた妻が作る八宝菜。楽しい思い出、苦い記憶、そんな泣き笑いをたっぷり詰め込んだ12品の料理小説集。温かいうちに召し上がれ。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/12/19
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.7
    13
    5
    4
    4
    3
    3
    5
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/05/11Posted by ブクログ

      おにぎり、ぶり大根、ドーナツ、鱈のプロバンス風、きんぴら、鯛素麺、チキンの魔女風、カレー、パエリヤ、そば、八宝菜、ぬか漬け。

      家庭のキッチンから始まる、料理小噺。

      チキンの魔女風は聞いたことない料...

      続きを読む
    • 2013/03/02Posted by ブクログ

      読みながらお腹が空くかもと思いながら読んだけれど、
      どちらかというと作りたくなる短編集。

      作る料理ひとつひとつに、特別なストーリーが持てるようになりたいですね。

    • 2012/10/19Posted by ブクログ

      登場人物でない人の所感をいれられてもな~
      基本的にエッセイなんでしょうね、なんか中途半端で
      物語が邪魔に思えてくる、料理も期待していたほどでもなくハズレ

    開く

    セーフモード