死神

著者:清水義範

484円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

    国際的スターの死に立ち会った二流の役者夫婦。売れない彼らがワイドショーのカメラに囲まれ亡くなったスターを語る。そしてドラマにCMにと仕事が舞い込むようになるが……。誰もが恐れる「死」をブラックユーモアたっぷりに描いた長編小説。

    続きを読む

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/06/11Posted by ブクログ

      文章もあっさりしていて読みやすく、面白かった。ありそうな、日常的なことを、たんたんとした語り口で紡いでいく。人が死ぬってこういう側面あるよなって思う。そうそう、死んだ当初は悼むんだけど、少したつとどろ...

      続きを読む
    • 2012/09/25Posted by ブクログ

      売れない役者夫婦が、偶然にも超大物俳優の臨終に立ち会った。二人は、あたかも彼の唯一無二の親友であったかのように、ワイドショーの取材に答えまくる。語る思い出にどれほど嘘を交え、善行を誇張し、悪行を伏せよ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2011/04/26Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード