深泥丘奇談・続

著者:綾辻行人

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

激しい眩暈が古都に蠢くものたちとの邂逅へ作家を誘う。廃神社に響く“鈴”、閏年に狂い咲く“桜”、神社で起きた“死体切断事件“。ミステリ作家の「私」が遭遇する怪異は、読むものの現実を揺さぶる――。

続きを読む

レビュー

4.1
9
5
3
4
4
3
2
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/04/12Posted by ブクログ

    なんかこのもやーっとした、ゆるいホラーってかんじがくせになる…
    「心の闇」手術で取り出せるものならいいよねえ…食べたら美味しいのか…

  • 2018/12/02Posted by ブクログ

    深泥丘シリーズの続編。
    綾辻版クトゥルフと言う感じでホラー好きには楽しい短編集。
    軽く読めるけどグロ描写はさすが。

  • 2016/08/20Posted by ブクログ

    綾辻さん、楽しんで書いてるなぁ、という印象。

    猫とか犬、子供が何もない所をじっと見つめる・・・・あれほどぞわっとすることはない。

開く

セーフモード