カラクリ荘の異人たち 3 ~帰り花と忘れ音の時~

霜島ケイ/ミギー

671円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    捜し物を見つけて欲しいと頼みにくる不思議な紳士や、身体が溶けてしまって、おもわず太一に取り憑いてしまった雪女。あいかわらず、色々なことが巻き起こるカラクリ荘だったが、太一には別に悩みがあった。それは、正月休みに自宅へ帰るべきかどうか――である。自宅には、義母・鈴子がいて、会えばまたギクシャクすると思うと、どうも乗り気になれない。カラクリ荘の面々はそのまま年末年始を過ごすと知った太一は、それならば自分も――と考えた。しかし意外にもレンからの反発にあってしまうのだった。「君は家に帰るべき」だと、そう強く太一を諭すレン。その言葉に、珍しく大きく動揺しおもわず怒りをレンにぶつけてしまった太一だったが……。ご町内妖怪奇譚第3巻登場!※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

    続きを読む
    • 「カラクリ荘の異人たち」シリーズ 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      「カラクリ荘の異人たち」シリーズ 全 4 巻

      2,684円(税込)
      26pt獲得

    レビュー

    • 2011/08/05Posted by ブクログ

      ジャケ買いと、妖怪モノだったので興味を持ち。
      しかしいい話だった。

      幼少の頃のトラウマで、他人に接することが苦手になってしまった主人公太一。
      父親の勧めで、父の友人が営む下宿にしばらく世話になること...

      続きを読む
    • 2010/11/02Posted by ブクログ

      ○感想

       ようやく読めました。
       彼は、属性的にはマルタ・サギーなんだなぁ、と。ラストの選択もマルタっぽい。
       ここ数十年分の少年・少女小説を分類してみたくなります。

       たとえば、新しく来...

      続きを読む
    • 2010/11/02Posted by ブクログ

      ○感想

       「どうでもいい」は、「必要ない」ということ。
       「どうでもいいものなんて、人間にも妖怪にも木や草や石にだってない」という大家さんの言葉に胸をつかれる一冊。
       逃げたい時に読むと引き戻...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000374124","price":"671"}]

    セーフモード