カラクリ荘の異人たち 2 ~お月さんいくつ、十三ななつ~

霜島ケイ/ミギー

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    中秋の名月――十五夜の近い賽河原町。世間では月見団子に薄飾りと、月を愛でる用意も万端な中、太一のクラスメイト采菜が、弟が薄売りに連れ去られたので助けて欲しいと、空栗荘の大家を頼ってやって来た。しかし、肝心の大家は寝入ったままで起きてこない。住人達はなんとか大家を起こそうと、あれこれ手を尽くすが一向に効果はなく――。果たして、大家は無事に起きるのか?その原因は?あやかしご近所奇譚・第2弾登場!※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

    続きを読む
    • 「カラクリ荘の異人たち」シリーズ 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      「カラクリ荘の異人たち」シリーズ 全 4 巻

      2,684円(税込)
      26pt獲得

    レビュー

    • 2011/08/05Posted by ブクログ

      ジャケ買いと、妖怪モノだったので興味を持ち。
      しかしいい話だった。

      幼少の頃のトラウマで、他人に接することが苦手になってしまった主人公太一。
      父親の勧めで、父の友人が営む下宿にしばらく世話になること...

      続きを読む
    • 2010/11/02Posted by ブクログ

      ○感想

       ようやく読めました。
       彼は、属性的にはマルタ・サギーなんだなぁ、と。ラストの選択もマルタっぽい。
       ここ数十年分の少年・少女小説を分類してみたくなります。

       たとえば、新しく来...

      続きを読む
    • 2010/11/02Posted by ブクログ

      ○感想

       「どうでもいい」は、「必要ない」ということ。
       「どうでもいいものなんて、人間にも妖怪にも木や草や石にだってない」という大家さんの言葉に胸をつかれる一冊。
       逃げたい時に読むと引き戻...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000374123","price":"660"}]

    セーフモード