【最新刊】泣きうた ~幕末 侍たちの三十一文字~

泣きうた

著者:ししゃも歳三 著者:今川美玖

968円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    死を目前にして、報われることのなかった想いを三十一文字に託すーーーー。土方歳三、沖田総司、高杉晋作、久坂玄端、伊庭八郎、藤堂平助、中野竹子など、激動の幕末期だからこそ詠まれた、つたないゆえにストレートな心情が伝わる侍たちの泣ける歌8首を超訳&オリジルストーリーで鮮やかに漫画化。●床に伏せる、総司の見舞いに訪れた土方が見たものは・・・「動かねば闇にへだつや花と水」●破天荒な人生を生きた晋作が本当に大事にしたかったものとは?・・・「おもしろきこともなき世におもしろく」●姉の竹子がにじませた、壮絶な覚悟

    続きを読む
    ページ数
    153ページ
    提供開始日
    2014/12/11
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    女性マンガ
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    • ネタバレ
      2020/07/10Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • ネタバレ
      2020/07/10Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      武士【もののふ】の猛き心にくらぶれば数にも入らぬ我が身ながらも
       中野竹子

       今日はめずらしく漫画を紹介。というのも、現代の学生に近代文学史を講ずる難しさを痛感しており、裏事情を少々…。
      「泉鏡花は...

      続きを読む
    開く

    セーフモード