【最新刊】タープの張り方火の熾し方-私の道具と野外生活術

タープの張り方火の熾し方-私の道具と野外生活術
1冊

著:高桑信一

2,073円(税込)
ポイント 20pt

通常ポイント:20pt

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。タープ張り、火を熾す。渓で過ごす夜、そして焚き火をこよなく愛する高桑信一。彼の渓にまつわる愛用のモノや源流釣りのこと、昔の渓から今の渓をエッセイで綴った一冊。あなたの野外生活のおともに。

続きを読む
ページ数
243ページ
提供開始日
2014/12/12

レビュー

3.6
3
5
0
4
2
3
1
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/05/10Posted by ブクログ

    非常に参考になる山道具集だと思います。
    山道具は意外と奥深い気がします。
    20年近く山遊びを楽しんでいても最適な道具が今でもなかなか固まらない。
    玉ねぎネットとベニヤ板、本書で初めてなるほどと思って早...

    続きを読む
  • 2014/07/17Posted by ブクログ

    道具選びの視点がとても自由で面白い。文章も硬派かつお茶目で、著者そのもののようである。紙面から匂いが漂ってきそうな使い込まれた写真もよい。

    「道具は使うものであり、使われるものではない」。なるほど。

  • 2014/06/28Posted by ブクログ

    渓登りの長年の経験から得た道具選びに関する本。
    昼は渓を登ったり、魚を釣ったりし、夜はタープを張りつつ、焚き火で一杯というのはかなり魅力的ながら、今時点で流石にそこまでは手を広げられない。
    ただ、通常...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード