【最新刊】孤独の価値

孤独の価値

著:森博嗣

794円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人は、なぜ孤独を怖れるのか。多くは孤独が寂しいからだと言う。だが、寂しさはどんな嫌なことを貴方にもたらすだろう。それはマスコミがつくったステレオタイプの虚構の寂しさを、悪だと思わされているだけではないのか。現代人は〈絆〉を売り物にする商売にのせられ過剰に他者とつながりたがって〈絆の肥満〉状態だ。孤独とは、他者からの無視でも社会の拒絶でもない。社会と共生しながら、自分の思い描いた「自由」を生きることである。人間を苛む得体の知れない孤独感を、少しでも和らげるための画期的な人生論。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/12/12
    連載誌/レーベル
    幻冬舎新書
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    3.5
    67
    5
    9
    4
    26
    3
    28
    2
    2
    1
    2
    レビュー投稿
    • 2018/10/25Posted by ブクログ

      S&MシリーズやVシリーズといった森作品を読み、登場人物の思考に垣間見える作者の考え方に興味を惹かれ、本書を手にしました。

      最近では簡単にSNSにより人と繋がれることにより、逆に人間関係が希薄になっ...

      続きを読む
    • 2016/12/25Posted by ブクログ

      元理系の研究者(建築系)である著者の森博嗣 先生。
      独特の世界観に魅力を感じ、私にとってこれで3冊目の著者の作品を読ませていただきました。
      最近巷で目にする、”絆”だとか、”つながり”だとか。
      そうい...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2020/02/16Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード