【最新刊】化石少女

化石少女

1冊

著:麻耶雄嵩

737円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    学園の一角にそびえる白壁には、日が傾くと部活に励む生徒らの影が映った。そしてある宵、壁は映し出す、禍々しい場面を……。京都の名門高校に続発する怪事件。挑むは化石オタクにして、極めつきの劣等生・神舞(かんぶ)まりあ。哀れ、お供にされた一年生男子と繰り広げる奇天烈推理の数々。いったい事件の解決はどうなってしまうのか? ミステリ界の鬼才がまたまた生み出した、とんでも探偵!

    続きを読む
    提供開始日
    2017/11/02
    出版社
    徳間書店
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    3.1
    41
    5
    2
    4
    10
    3
    22
    2
    7
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/03/21Posted by ブクログ

      この作者にしては普通のラノベみたいな語り口で、ワガママ系女の先輩と面倒見が良く口うるさい男の後輩というどちらにも苛立を覚える造形。
      事件もハッキリとした解決を示さないのでもやもや。
      赤点ばかり取るので...

      続きを読む
    • 2019/09/28Posted by ブクログ

      「古生物部、推理する」
      「真実の壁」
      「移行殺人」
      「自動車墓場」
      「幽霊クラブ」
      「赤と黒」
      古生物部の神舞まりあを主人公(ホームズ)とした短編集。
      麻耶作品とだけあってミステリとしてはやはり特殊。...

      続きを読む
    • 2019/01/03Posted by ブクログ

      『さよなら神様』に続き、麻耶作品七作目。途中まで青崎作品の「裏染天馬」シリーズに似ている印象を受けた。学園ミステリィだと多少、仕方ないのかなぁ…。オチはとても麻耶さんらしいとは思いました^^ まあまあ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード