【最新刊】パラダイス・ロスト

ジョーカー・ゲーム

お得

3冊

著者:柳広司

594円415円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大日本帝国陸軍内にスパイ養成組織“D機関”を作り上げ、異能の精鋭たちを統べる元締め(スパイ・マスター)、結城中佐。その正体を暴こうとする男が現れた。英国タイムズ紙極東特派員アーロン・プライス。結城の隠された生い立ちに迫るが……(「追跡」)。ハワイ沖の豪華客船を舞台にした初の中篇「暗号名ケルベロス」を含む全5篇を収録。世界各国、シリーズ最大のスケールで展開する、究極の頭脳戦! 「ジョーカー・ゲーム」シリーズ、待望の第3弾。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/03/11
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ミステリー
    • ジョーカー・ゲーム 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      ジョーカー・ゲーム 全 3 巻

      1,143円(税込)
      11pt獲得

    レビュー

    3.9
    810
    5
    192
    4
    384
    3
    210
    2
    23
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2020/01/19Posted by ブクログ

      スパイというだけで何が本当なのか読めない上に、諜報活動が盛んに行われる緊迫した時代のことも、軍隊の常識もあまり知らないので、結末を予想できないのが面白かった。
      諜報員は本名や素性、本当はどんな人なのか...

      続きを読む
    • 2020/01/11Posted by ブクログ

      スパイ組織D機関シリーズ第3弾。結城中佐の過去に迫る話やD機関のスパイがスパイらしからぬ行動に出る話などが、各国のスパイとの情報戦、頭脳戦を絡めながら描かれている。

    • 2020/01/07Posted by ブクログ

      戦時下のスパイ組織D機関シリーズ第2弾。捻りもあって面白いが、D機関のスパイ以外の人物の視点で描かれている話が多いこともあり前作よりストーリーは複雑。すべてお見通しの結城中佐の活躍も控えめ。

    開く

    セーフモード