武士猿(琉球空手シリーズ)

今野敏

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    明治初期、琉球王朝の末裔として生まれた本部朝基(もとぶちょうき)は、王家に伝わる武術、手(ティー)の実戦修行を繰り返していた。噂を聞きつけた猛者たちの挑戦を受け、鍛錬を積む日々。やがて拠点を内地へ移した朝基は、柔道やボクシングの使い手と他流試合を行うようになる。命のやりとりの中で“真の強さとは何か”を追求した伝説の唐手家が、生涯を掛けた戦いの果てに辿りついた真理とは…。武闘小説の真骨頂。

    続きを読む
    • 琉球空手シリーズ 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      琉球空手シリーズ 全 3 巻

      2,904円(税込)
      29pt獲得

    レビュー

    • ネタバレ
      2011/11/23Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2012/05/24Posted by ブクログ

      非常に面白く一気に読み(といっても1週間かかりましたが)ました。
      理由1:自分も空手をかじったことから、登場人物が実在とすぐにわかったこと。もっとも現代空手のため(祖は義珍氏となります)本部氏とは別視...

      続きを読む
    • 2015/05/24Posted by ブクログ

       明治から昭和にかけての沖縄の空手家、喜屋武朝徳の生涯を描く。

       伝説の空手家の人生を通して、まだ空手が手だった頃の姿を知ることができる。道場などなく師弟がマンツーマンで教えていたり、かけ試しが当た...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000294759","price":"715"}]

    セーフモード