人工知能が拓く未来

週刊エコノミスト編集部/大堀達也/小林雅一

110円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    今世紀に入って飛躍的な進化を続ける人工知能(AI)は、さまざまな産業に活用の裾野を広げている。その視界は何を捉えているのか。最前線を追った。本書は週刊エコノミスト2014年11月18日号の特集「人工知能が拓く未来」を電子書籍化したものです。主な内容・米欧プロジェクト相次ぎ始動、日本は「汎用AI」の芽・AI活用の最前線医療、介護、法律業界ビジネスを変える先駆者たち医療IBM「Watson」法律UBIC「eディスカバリ」介護富士ソフト「PALRO」・大学:ベンチャー発AI研究の「第3の波」・人間に近づいたグーグルのAI

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する

    セーフモード