ニルヤの島

柴田勝家

1,584円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    生体受像(ビオヴィス)の技術により生活のすべてを記録しいつでも己の人生を叙述できるようになった人類は、宗教や死後の世界という概念を否定していた。唯一死後の世界の概念が現存する地域であるミクロネシア経済連合体(ECM)の、政治集会に招かれた文化人類学者イリアス・ノヴァクは、浜辺で死出の旅のためのカヌーを独り造り続ける老人と出会う。模倣子行動学者のヨハンナ・マルムクヴィストはパラオにて、“最後の宗教”であるモデカイトの葬列に遭遇し、柩の中の少女に失った娘の姿を幻視した。ミクロネシアの潜水技師タヤは、不思議な少女の言葉に導かれ、島の有力者となっていく──様々な人々の死後の世界への想いが交錯する南洋の島々で、民を導くための壮大な実験が動き出していた……。民俗学専攻の俊英が宗教とミームの企みに挑む、第2回ハヤカワSFコンテスト大賞受賞作。

    続きを読む

    レビュー

    • 2018/10/11Posted by ブクログ

      人工知能が文化をも管理し、発現させる未来(『ニルヤの島』ネタバレ書評)
      http://hiah.minibird.jp/?p=2248


      ***

      「大環橋」という巨大建造物がすべての景色に共通して...

      続きを読む
    • 2015/03/20Posted by ブクログ

      生体受像の技術により生活のすべてを記録し、いつでも己の人生を叙述できるようになった時代。ログを再生すれば、死者との記憶を何度でも物語として再生できる。あるいは、死者のログを元に精巧な人形に人格をAI化...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2014/12/04Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード