クリスマス・キャロル

坂田靖子(著)/ディケンズ(作)/池央耿(訳)

550円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人とのつながりに背を向け、お金だけがすべてのスクルージにとって、クリスマスなど無意味なものでしかない。あるクリスマス・イヴ、そんなスクルージの前に過去・現在・未来の精霊が現われ、心揺さぶる“旅”へと彼を誘う。そこでスクルージを待っていたものとは……!?

    続きを読む

    レビュー

    • 2010/07/11Posted by ブクログ

      あらすじはしっているけど、読んだ事のないディケンズのクリスマス・キャロル。
      イギリスが舞台で、精霊や死者が出てくるという事で、漫画化するなら、やはり坂田靖子が適任でしょう。
      期待を裏切らない出来でした...

      続きを読む
    • 2009/12/06Posted by ブクログ

      クリスマス・ロンドン・偏屈おやじが出てくる原作をマンガ化するなら、やっぱり坂田靖子さんでしょ。
      ってことで、目新しさはないけれど、安心して読める一作。

    • 2011/12/23Posted by ブクログ

      オリバーツイストについで読んだ、ディケンズ。Xmas前日、七面鳥が食べたくなりました。あしたの効果測定が受かったら、ご褒美に買いに行こう!

    [{"item_id":"A000371709","price":"550"}]

    セーフモード