明暗

夏目漱石 著

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    主人公津田とその妻お延の生き方を中心としてエゴイズムの問題に容赦なく光をあてた『明暗』は漱石が生涯の最後に到達した思想「則天去私」の文学的実践だった.作者の死によって未完に終ったが,想像力豊かに作品の構造を読みとくことで『明暗』の「その後」を考えることは必ずしも不可能ではない.(解説大江健三郎・注三好行雄)

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード