【最新刊】忌憶

忌憶

著者:小林泰三

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    直人の幼い記憶はいつも現実離れしていた。だが、現実の世界で不幸な目ばかりに遭遇する彼はやがて、幼いころの記憶が本当と思うようになり…。人間の記憶を独自の世界で紡ぐ3つの連作短編集。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/12/05
    連載誌/レーベル
    角川ホラー文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(24件)
    • 1巻
      2007/03/13

      収録されています奇憶は既に他者出版の本で読了していたのですが、今回はその奇憶に纏わる人たちのサイドストーリ的な連作集でした。
      相変わらず作品にちりばめられた理性と邪神との絡みがやめられません。
      今回は...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 1巻
      2008/01/18

      アイディアが凄く好きで、人間の記憶の持つ怖さというか…常識と認識の狭間というか…

      怖いです。

      難解なテーマだと思うけど、とても面白くてスイスイ読めました(笑)

      Posted by ブクログ
    • 1巻
      2007/12/02

      「奇憶」「器憶」「キ憶(キは土遍に危)」の3作品を収録。
      連作短編小説と銘打ってますが、繋がりはほとんどないのでどこからでも読めます。以下、それぞれの感想↓

      『奇憶』
      直人のダメ人間描写っぷりが素晴...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード