【最新刊】超能力者のいた夏

超能力者のいた夏

著者:寺本耕也

649円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    都内の高校で問題を起こし長野の私立学園に転入した高校生、高那聡。成り行きで入った山奥の寮『清流寮』で彼を待っていたのは、番長と恐れられる小柄な美少女津浦翼と、不思議な能力を持つ8人の寮生たちだった。だがその能力とは、リモコン人間やら中途半端な幽体離脱やら、どれも役に立たないものばかり。彼ら彼女らの能力に翻弄されながらも高那は寮での新生活をはじめるが、不吉な予言は彼が重傷を負うと告げ……。<寄る辺なき弱者が集う、イカれたこの世の果て>清流寮で繰り広げられる、笑いと涙の青春ストーリー。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/12/05
    連載誌/レーベル
    メディアワークス文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(11件)
    • 1巻
      2012/06/18

       再読。
       十数名の超能力者を個性豊かに、かつ超能力を活かした活躍をさせて、1冊で終る納まりの良さ。最後の晴れやかな終り方も相まって、かなり好きな作品のひとつです。

       同著者の次回作『沢木道楽堂怪奇...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 1巻
      2012/07/03
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • 1巻
      2010/10/14

      学園もの、なのですが、設定も設定なので超展開です。
      某燃えアニメを思い起こさせる?ような感じですが、少し不完全燃焼。
      ですが、話の設定は面白かったので、今後の作者の成長に期待です。

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード