僕と彼女とギャルゲーな戦い

著者:西村悠

627円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    小説家を目指すも夢破れ、就活では60社を受け連敗中。そんな失意の底に沈む嶋谷一(通称イチ)の前に現れたのは、高校時代に憧れていた美しき先輩。彼女は昔と変わらぬ笑みを浮かべ、戸惑うイチにこう告げるのであった。「私に、付き合ってほしいの」。ギャルゲーのような展開で騒がしくなったイチの夏休み。しかしイチが引きずり込まれたのは、まさにギャルゲー作りの現場<カオス>そのものだった!?ひと癖もふた癖もある人々が織りなすモノ作りにかける戦い。その先にイチが見るものは!?ちょっとショッパイ青春グラフティ。

    続きを読む

    レビュー

    • 2016/05/06Posted by ブクログ

      あーこれはイイ! 
      感動したあ。

      小説家になる夢を諦め、かといって就職もうまくいかない大学生の主人公が高校時代の憧れの先輩に頼まれてギャルゲーを作ることになるという、いかにもラノベっぽい物語。
      でも...

      続きを読む
    • 2012/03/14Posted by ブクログ

      ここまで一生懸命になれるものがあって羨ましい限りです。
      やっぱり学生のうちは部活とかでそうなれるかもしれないけど大人になってから私もそういう仕事ができたらいいなぁと思います。
      いやーゲーム作りの現場っ...

      続きを読む
    • 2011/07/26Posted by ブクログ

      正直ギャルゲー作家である必要は無かったと思う。でもこんなに熱くなれる仕事に、私も就きたいと思いました。社会人になるのが楽しみになった。

      センが一にあれほど入れ込む理由も、おソノさんがわざわざ一を殴り...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000370770","price":"627"}]

    セーフモード