創(つくる) 2019年7月号

創(つくる)編集部

509円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    メディア批評の総合誌 ●特集【映画界の徹底研究】●◆大きな反響を呼んでいる映画『主戦場』とは● 『主戦場』『沈黙』と慰安婦タブー●◆パリ人肉事件の兄と介護する弟のドキュメンタリー● 『カニバ』に描かれた佐川一政の近況……篠田博之●◆この映画は果たして無事に公開できるのか ● 『新聞記者』が描く国家の闇vs記者……河村光庸●◆「家族って良いよね」それを伝えたい● 『長いお別れ』が伝える家族の姿……中野量太●◆東宝、東映、ワーナー ブラザース ジャパンなどの戦略とは● アニメ隆盛、日本映画界の現状と行方●◆民放各局の多種多様な映画事業の実情は● 最大の映画製作会社テレビ局の映画事業●◇寝屋川中学生殺害事件元被告の最後の獄中手記!● 私が控訴を取り下げた理由とその夜に起きた一部始終……山田浩二●◇植松被告と2年間接見してきて最近感じること● 相模原事件・植松聖被告の気になる変化……篠田博之●◇被害者支援の現場から見た実感は…● 性犯罪4つの無罪判決が浮き彫りにした問題点……小川たまか●◇確定死刑囚と「家族」になることの意味● 木嶋佳苗死刑囚と週刊新潮デスクの結婚●◇メディアと当事者の溝を埋めるために● 「LGBT報道ガイドライン」作成の思い……奥野斐/藤沢美由紀●◇和歌山カレー事件から20年余を経てなぜ長男は…● 林眞須美死刑囚の長男が語ったこと……篠田博之●〈巻頭グラビア〉●月刊 嘲笑の時代 令和、属国からの脱却……マッド・アマノ●今月のカラクリ雑誌 男のロマン、SOD女子社員シリーズ……今柊二●「再審法改正をめざす市民の会」結成!本誌編集長も運営委員に●〈連載コラム〉●タレント文化人 筆刀両断! 【内田樹】……佐高信●言論の覚悟 【令和の初仕事】……鈴木邦男●「こころの時代」解体新書 【丸山穂高氏と「適応障害」】……香山リカ●極私的メディア論 【論外が過ぎる】……森達也●ナショナリズムという病理 【丸山穂高議員の何が問題なのか】……佐藤優●ドキュメント雨宮☆革命 【世界を変えるのは、「空気を読まないバカ」】……雨宮処凛 ●What`s Going On? 【「誰がために憲法はある」井上淳一監督】……加藤梅造●大川総裁の月刊『壊』【令和と皇位継承】……大川豊●バカ裁判傍聴記 【弁護人、裁判官、検察官が怒る無銭飲食】……阿曽山大噴火●

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード