追悼 孤高の大経済学者・宇沢弘文―週刊東洋経済eビジネス新書No.87

編:週刊東洋経済編集部

324円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

2014年9月18日、ノーベル賞に最も近かった経済学者、宇沢弘文氏が86年の生涯を閉じました。数理経済学者として米国で活躍した後、“行動する経済学者”として、公害に悩む水俣で患者の苦しみを聞き、空港建設問題に揺れる成田では国と住民の調停役を買って出ます。「社会的共通資本」の理論を提案し、すべての人々が幸せに生きられる社会を考え続け、その思想は世界中から高く評価されました。大経済学者の波乱の86年をたどります。環境や医療問題、石橋湛山に関する過去のインタビューも同時収録。本誌は『週刊東洋経済』2014年10月18日号、2008年11月1日号ほか、『自由思想』(石橋湛山記念財団発行)117号掲載の27ページ分を電子化したものです。●●目次●●人間の心の復権を唱え続けた大経済学者Interview「市場原理主義と官僚統制が医療を崩壊に追い込んだ」Interview「『比例的炭素税』を導入せよ」対談宇沢弘文×三好俊夫(松下電工会長:当時)「資本主義の“次”を問う。国、企業の新たな役割」Interview「『有髪の僧』石橋湛山へのアフィニティー(親近感)」

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード