【最新刊】私はどうも死ぬ気がしない 荒々しく、平凡に生きる極意

私はどうも死ぬ気がしない 荒々しく、平凡に生きる極意

1冊

著:金子兜太

864円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    「私はどうも死ぬ気がしない。最近では、私は死なないのではないか、とすら思います――」「物心ついたころから十七音に、自分の生活のすべてをのせて生きてきました。日々起こること、感じることを、言葉にして口ずさみ、定型の音に収め、俳句を作ってきました」御年95歳にしてますます矍鑠たる俳人、金子兜太さんが大正昭和平成にわたって過ごした日々から溢れた本音を俳句とともに語ったエッセイ。これからを生きる世代に効く「本音」が詰まっています。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/12/05
    連載誌/レーベル
    幻冬舎単行本
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    1
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2017/05/10Posted by ブクログ

      図書館で背表紙に「私はどうも死ぬ気がしない」というタイトルを見て、あれっ宇野千代さんの「私何だか死なないような気がするんですよ」(1995)のパクリではw、と思い手にしました。著者の金子兜太氏が俳人で...

      続きを読む

    セーフモード