【最新刊】あのころ、白く溶けてく 安永知澄短編集

あのころ、白く溶けてく 安永知澄短編集

1冊

著者:安永知澄

682円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    処女作「やさしいからだ」で漫画界に衝撃を与えた驚愕の才能の原点。七色の輝きを放つ多様な作品を収録し、新鋭の成長の軌跡を時代に刻印する、清澄で異色の短編集!評論家・呉智英の序文、師であるしりあがり寿との巻末特別対談を併録。

    続きを読む

    本作品は、いわゆる成人向け作品ではありませんが、一部暴力的または性的な描写が含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

    ページ数
    227ページ
    提供開始日
    2014/12/01
    連載誌/レーベル
    ビームコミックス
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    青年マンガ
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    4.2
    5
    5
    2
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/05/12Posted by ブクログ

      前、読んだ漫画を
      もう一度、読み直してみる巻 Vol.13

      安永知澄氏が描く、人々の描写が好き。

      「お気に入りストーリー」”くそがき”と”脱皮”と”まる。-前編、後編-”です!!

    • 2016/07/13Posted by ブクログ

      やはり、この人のかもし出す雰囲気は異常。
      なにが異常で異様なのかはわからないが、ものすごく引き込まれる中毒性。

    • 2011/05/21Posted by ブクログ

      「白い本」


      自分が写真を始めたキッカケの感情を思い出した。
      アノ頃は何もかもが怖かったんだった。

    開く

    セーフモード