アルタッドに捧ぐ

金子薫

1,210円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    それは、予言されざる死だった--著者の意図せぬ主人公の死、その少年に託された「アルタッド」という名のトカゲとの生の日々。選考委員の保坂和志氏、大絶賛! 衝撃の第51回文藝賞受賞作。「何故虚構なのか」という原点を描かんとする強度ゆえの真摯さ。期待の受賞。――藤沢周氏私はこれを圧倒的に推した。もう断然こういう小説が好きだ。アルタッドが出てくるところは何度読んでも楽しい。主人公が書く小説が主人公の生きる世界の完全に外側にある、それが非常に独特な感じをつくっているのも書き手としての大きな資質だ。こういう小説は前例がない。――保坂和志氏ときおり顔をのぞかせる、作者の意図せざる無邪気さがこの書き手の魅力。大きな可能性を開花させてほしい。――星野智幸氏すべての候補作品に登場する人間たちを差し置いて、アルタッドが一番キュートで魅力的。描写力のたまものだろう。――山田詠美氏

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/11/07Posted by ブクログ

      bound proof 未校正版にて。

      「書くこと」とは何か。そのことに対する逡巡。これはとても素敵な、そしてとても大切な作品だと思った。
      書きたいけれど書いたことがない人は論外として、小説を書き始...

      続きを読む
    • 2014/12/21Posted by ブクログ

      大学を卒業したが、進学も定職に就くこともせず、バイトと小説の執筆だけで日々を過ごす主人公の本間。ある日、その小説も自分の意図に反して主人公・モイパラシアが死ぬという展開に陥り、書くこともやめてしてしま...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2014/10/31Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード