【最新刊】インターネット的(PHP文庫)

インターネット的(PHP文庫)

1冊

著:糸井重里

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    どうやら、十年以上経って話題になっているらしい。じぶんで言うのもおかしいですが、読んだ方によれば「いまの時代が予見されている」そうです。「ぜんぶ、ここに書いてるじゃないか」なんていう声もいただきました。――糸井重里。本書は、発刊から十年を経て、「まるで、予言の書!」と再評価の声が高まっている名著に、書き下ろしの「続・インターネット的」を加筆。もとは、『ほぼ日刊イトイ新聞』を始めた当時の著者が、インターネット登場後の世界について考察したものだが、読む者は、ここ十年間に起きた変化の本質を、十年前のこの本によって知ることになるだろう。また本書で綴られる言葉は、パソコンすらいらない、「消費者」なんていない、自分を他人にするゲーム、寝返り理論、消費のクリエイティブ、妥協の素晴らしさ……など、普遍的価値を持つ。糸井重里の予言的、そして普遍的なメッセージが詰まった一冊である。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/11/28
    連載誌/レーベル
    PHP文庫
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    3.9
    31
    5
    6
    4
    18
    3
    7
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/11Posted by ブクログ

      インターネットという言葉を使わなくなっても、「伝える仕組み」であることは変わりない事を改めて認識できた。本書は、「新しい時代は、答えの見えないことが、もっと価値を持つようになるのではないでしょうか。」...

      続きを読む
    • 2019/07/12Posted by ブクログ

      この本と出会ったのは、『パンと日用品の店 わざわざ』の新しいカフェ『問 tou』でのこと。1つの陳列棚、丸々この本だけで大量に。マーカーやメモ書きされた刺さる内容のページが、何ページも良い意味でちぎり...

      続きを読む
    • 2019/04/22Posted by ブクログ

      ・価値の多様化と表現するのではなく、価値の順位付けが多様化、価値の順位組み替えは個人の自由となったと表現する方が近いと思う
      ・オペレーションとクリエイティブは違う。道具の性能が上がると、オペレーション...

      続きを読む
    開く

    セーフモード