うつぼ舟II 観阿弥と正成

著者:梅原猛

2,024円(税込)
1%獲得

20pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 1,524(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

フィールドワーク、政治、宗教など総合的な視点から見えてきた、芸能の祖の新しい姿を描きだす。これまで公にされなかった「上嶋家文書」に光をあて、中世の能に切り込み、作品に投影された怨霊の想いと本質を語る。

続きを読む
  • うつぼ舟 全 5 冊

    未購入の巻をまとめて購入

    うつぼ舟 全 5 冊

    10,824円(税込)
    108pt獲得
新刊を予約購入する

レビュー

レビューコメント(4件)
  • 2010/09/26

    やっと世阿弥にきたのだが、「世阿弥の人生を論ずるには彼の作品の範囲を確定し、それらがいつつくられたのかを明らかにしなければならないが、それはまことに困難なことである」(p8)。
    ということで著者の挑戦...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2010/08/29

    2008年12月に京都のジュンク堂四条店で手にした翌日には、赤穂へ行ってきました。梅原猛氏のように坂越しの大避神社行き、生島を見てきました。そもそもこの本は能の祖先は秦河勝という伝承を扱うため、古文の...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2020/03/21

    梅原猛 「 うつぼ舟 観阿弥と正成 」

    観阿弥について論じた本。異説「観阿弥の伊賀出生説」「観阿弥と楠正成は姻戚関係がある説」を展開。定説に立ち向かう姿勢は素晴らしい


    観阿弥の主要作品の解説も...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード