【最新刊】神様の御用人8

神様の御用人

8冊

著者:浅葉なつ

693円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    引退を望む知恵の神、久延毘古命。彼を連れて良彦がやって来たのは家電量販店!? 一方四国では狸に化かされ、八幡大神からは『顔』の催促。梟に蛙に狸に鳩に猿…それに狐も加わって、今回の御用はなんだか賑やか!

    続きを読む
    提供開始日
    2018/11/24
    連載誌/レーベル
    メディアワークス文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.8
    468
    5
    90
    4
    239
    3
    128
    2
    9
    1
    2
    レビュー投稿
    • 2019/10/19Posted by ブクログ

      交通費宿泊費友人持ち、と言われて主人公は東京へ。
      そしてまた、妙な依頼を神様からされる。

      上手い話には裏がある、を具現化した内容でした。
      そこに繋がるのか~と。
      主人公の発言に一票! と叫びたい。
      ...

      続きを読む
    • 2019/10/19Posted by ブクログ

      三作目。
      予定調和なんだけど、一つ一つのエピソードがいいなぁ、と思わせます。
      お菓子の神様の話が良かったなぁ。古事記とか読み返したくなります。

    • 2019/10/18Posted by ブクログ

      主人公二人や、親友との言葉の掛け合いがテンポよくて読みやすい。
      神様も、皆身近にいそうで、読んでいて楽しい。あっという間に読み終える。
      続きも楽しみ。

    開く

    セーフモード