応天の門 2巻

灰原薬

517円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

引きこもり文章生の菅原道真は、京随一の色男・在原業平に巻き込まれ都で起こる怪異を調べることに。ふたつの事件を解決した彼らのもとに、今度は、藤原家の姫・高子から怪事件が持ち込まれ……!? 理知の道真&機知の業平――平安の最強バディが巻き起こすバディ・クライムサスペンス! 待望の第2巻!

続きを読む
  • 応天の門 全 12 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    応天の門 全 12 巻

    6,710円(税込)
    67pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2015/01/02Posted by ブクログ

    最近、何かと名が売れてきた歴史(平安時代)×推理モノ
    少し、目の肥えた漫画読みなら、読めば人気が出ているのも、しっかり納得できるだけの厚い内容である
    やや粗さのある絵柄が、クライム・サスペンス色の強い...

    続きを読む
  • 2016/03/20Posted by ブクログ

    1巻がやっぱり面白い!と思ったので読み終わった直後に買いました。
    業平(と言いつつあまり出番はない)と道真が謎を解きながらも暗い過去が見えてくる巻です。

    そしていよいよ高子が登場。
    好きだけでは一緒...

    続きを読む
  • 2014/11/09Posted by ブクログ

    2巻では、親子関係や家の話など、歴ヲタの懐をくすぐるネタがだんだんと増えてきましたね。確か、大鏡などでは、昭宣公は忠仁公の養子なんだけど、実父の長良大臣を嫡流に見てるんだったっけね。漫画の中では養父良...

    続きを読む
開く
[{"item_id":"A001517955","price":"517"}]

セーフモード