蠅の帝国―軍医たちの黙示録―(新潮文庫)

帚木蓬生

853円(税込)
ポイント 8pt

通常ポイント:8pt

日本占領下の東南アジアに、B29の大空襲を受けた東京に、原爆投下直後の広島に、そしてソ連軍が怒濤のように押し寄せる満州や樺太の地に、医師たちの姿があった。国家に総動員された彼らは、食料や医薬品が欠乏する過酷な状況下で、陸海軍将兵や民間人への医療活動を懸命に続けていた。二十年の歳月をかけ、世に送り出された、帚木蓬生のライフ・ワーク。日本医療小説大賞受賞作。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード