修羅の刻 10巻

川原正敏

453円(税込)
ポイント 4pt

熊野(くまの)水軍の加勢を得た義経(よしつね)は、平家と最後の決戦をすべく、壇ノ浦(だんのうら)へと船を進める。そして陸奥鬼一(むつ・きいち)は、勇将・教経(のりつね)と相見える。1185年3月24日、義経の悲願が、ここにはたされようとしていた……。およそ900ページからなるシリーズ最長・最高作『源義経編』、遂に完結!!

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

3
1
5
0
4
0
3
1
2
0
1
0
  • 2008/03/31Posted by ブクログ

    「平教経」VS「陸奥鬼一」で幕を開ける第十巻は、これまでのシリーズで最も分厚い巻となっています。 (その分値段も若干高めですが) 壇ノ浦の戦いとその後の義経の逃亡劇、奥州に身を寄せるまでが描かれていま...

    続きを読む

セーフモード